年齢とともに気にかかって来ることも多いと思いますが

かつらは、化粧品でも医薬部外品でもないが、頭髪と密接な関係がある雑貨である。かつらを大きく分けると、全頭用と部分用に分類される。
部分用の方が身に付ける上では良い場合もあります。

http://illegalmagazine.org/

全頭用は、その言葉どおり頭全体をスッポリかぶせるものでフルウィッグと呼ばれる。
全体に頭髪の薄い人、あるいは広範囲におきた多発性円形脱毛症の患者などが使用する。一方部分用は、部分的に髪の薄い人(AGA)や、手術とか熱傷によって範囲を限った傷や、脱毛部分を持つ人が、その部分だけに限定的につけるもので

こういったものもつけていく上では良いものだと思いますし、どちらが自分に合っているかどうかと言うことだと思います。

実際に今の時代はやっている人たちも多いですし、別に珍しいことでもないわけです。

かつらは、頭部における各種脱毛症の対処法としては最も手軽で、現実的な方法である。「ハゲている(髪が薄い)」ことは、ここ最近の世の中を見ていくと昨今の人間にとって、しばしば差別の原因となったり、極めて強いストレスとなる。そのため消極的になり、人によっては家に閉じこもるなど

社会生活に支障をきたすこともある。
これをかつらで被覆することで、性格も明るくなり、自信を持ち、積極的になるなど

生活の質(クオリティ・オブ・ライフ)の上からも、きわめて大切な手段になる場合があります。

また、難治だった広範囲の円形脱毛症が、かつらを使用した後から、急速に軽快したという例も少なくないです。

差別の原因になってしまったらまずいものだと思いますが、実際にこれを被ることで隠していることにはなるわけですが、実際の問題としては直接的に、解決はしていないことになるので、この方法は取りたくないという人もいます。