各種ローンのキャッシングで限度額を上げるための近道とは。

キャッシングを利用する上で気になることと言えば、やはりその限度額ですよね。限度額いっぱいにキャッシングを利用するとは限らないものですが、やはり利用出来るのであれば出来るだけ多く利用したいと思うのは当然でしょう。ところがいざキャッシングを利用しようとしても、一度に多額の限度額を設定されることはほとんどありません。

プロミス審査って厳しい?絶対落ちたくない人の基礎知識10選

まず無視出来ないのは総量規制の存在です。総量規制が実施されてかなりの年月が経ちましたが、あらためて説明すると「キャッシングの限度額は利用者の年収の3分の1」までと定められた決まりのことです。年収が300万円の方の場合は、100万円がキャッシングを利用する時の限度額になるわけですね。これらの決まりにより消費者金融はかつてのようには自由にキャッシングを行えなくなってしまいました。加えて総量規制の限度額が100万円だったとしても各消費者金融が一度にその金額まで貸してくれるようなことはまずあり得ません。この場合の例ならば、初回は高くても50万円以下が限度額となるでしょう。

一方で総量規制の影響を受けないキャッシングも存在しています。銀行系カードローンが代表的ですね。銀行系カードローンは総量規制の影響を受けないために、総じて消費者金融よりも限度額が高く設定されています。最大の場合、1000万円まで借りることも可能な銀行もあるほどです。もちろん銀行の場合でも一度に1000万円を貸してくれるような銀行はありません。総量規制は存在しないにしても、それぞれの銀行のさじ加減で適宜限度額が設定されるでしょう。

どちらを選ぶにしても、最大限度額まで初回に利用出来ることはやはりあり得ません。ですが、キャッシングの利用を続けていくうちに限度額が高くなっていくことは十分にあり得る事態です。初回の限度額が低く設定されるのは企業側がこちらの信用を量っているためであり、キャッシングを使用してきちんと返済を続けていけば相手の信用を得て限度額を引き上げてもらえる、というわけです。妙な話ではありますが、多額のキャッシングを利用したいのであればコツコツとキャッシングを利用していくのが一番の近道なのです。