接客業は口臭が気になります。

今はコロナでマスクが必須になっていますが、コロナ以前は、お客様に不快感を与えないように口臭は気をつけていましたし、職場の教育でも歯磨きは指導されていました。昼食や休憩の後は歯磨きをしていましたし、歯磨きの時間がとれないときはガムをかんだりします。http://www.osullivansalbi.com/

でも、時間がたつと口の中が臭う気がして不安になります。休憩以外では歯磨きができませんし、ガムをかんだりできないので口臭が気になります。飲むタイプのタブレットを試してみたところ、息がスッキリして長持ちするような気がします。ちょっとの隙間に口臭タブレットを飲むのが癖になり、リフレッシュするいいきっかけになっています。

今は、マスクで自分の口臭が一番よく分かります。マスクの中が息でこもって余計に臭いが気になります。やはり歯磨きやガムが必要ですが、今までは人の感じ方を意識してクールミントなど清涼系の歯磨き粉を使っていましたが、マスクの中で自分が一番気にならない味の歯磨き粉に代えてみたりしています。

アップルミントなど果物の香りのものもいいと思います。ガムもクール感の強いものよりも、甘いものも食べるようになりました。自分が臭うものなので好きな味、香りのもので楽しんでみるのもいいと思いました。

自分では気づきづらい口臭

口臭の原因は人それぞれであると思います。

タバコを吸う人、よくコーヒーを飲む人、内臓になんらかの疾患がある人、歯を磨かない人etc…

その中でもタバコの匂いに関しては、タバコを吸っている私でも臭いと感じる時があります。

特にタバコ+コーヒーは最悪ですね。

昔小学校の先生がその状態でよく息が臭いとうわさされて「息くさばばぁ」などとあだ名を

つけられていました。

キラハクレンズを辛口評価!効果や口コミ体験談まで完全レポート!

タバコを吸わない人でも口臭がする方はいます。

歯を磨かない人はもちろんですが、歯を磨いていても磨きかたが間違えていて

食べかすが残っていたりする方は総じて口臭が気になりますよね。

恋人がいる方はキスをするので気にしていたりします。

恋人同士がキスをするのは相手の体調を確認するためにするようですね。

相性についても唾液の成分が自分にあっているかなども関係するようです。

また、内臓になんらかの疾患がある方についてはどうしようもありません。

肝機能が低下していたり、消化不良の場合は胃の中で食べたものが

消化できず発酵するため胃から二にぴ匂いが発生するようです。

また肝機能が低下している場合は、毒素を分解することができないため

アンモニア臭が出てしまうようです。

このように、いろいろな原因がありますが、

内臓などの疾患による口臭もあるため特に気にした方が良いと思われます。

体調のバロメータとして認識することをお勧めします。

注意!!ストレスは口臭も悪化させます!!

コロナ禍で、良かったなと思う新しい生活様式と言えば、外では必ずマスクをしなくてはならなくなった事につきます。口腔内が乾かなくなったし、しゃべっている相手の口臭も気にならなくなった。そして自分の口臭も。

http://www.ahja-news.org/

30代前半から自分の息に自信が持てなくなってきた。特に午前中。通勤時、満員電車の中でお腹が痛くなるのが怖くて、朝食はおろか、水の一滴も飲まず、出勤していた。おかげで午前中はずっと空腹、口の中もカラカラ。きっと口臭もきつくなってるんだろーなーと怖くなって、隣のデスクの人に話しかけられるのとドキッとしてしまう。ランチタイムがやっと来て、食事後の歯磨きをした後、やっと隣のデスクの人と、膝を突き合わせてしゃべるのも少し怖くなくなってくる位。

30代後半、予防歯科に通い始め、若い歯科衛生士のお姉さんに定期的に歯のクリーニングと舌クリーニングしてもらってます。これで少しは改善されたんじゃないかなと思ってます。歯科衛生士さんに診てもらうようになってから驚いたのは、私の歯磨きはいつも完璧だと褒められる事。口臭で人に迷惑をかけるのが怖くて毎回きっちり歯磨きをしているので、その成果でしょう。

それと、口臭チェッカーでチェックしても高い数値が出ない事。きっとその時は一切緊張もストレスもなく、唾液もたっぷり出ているんだと思います。口が乾かなくなったのはマスクのおかげと書きましたが、それともう一つ、朝食をとってから出勤するようになったことも大きいと思います。食事の回数が多い方が唾液が出やすいと言いますが、ホントにそうだなと身をもって感じます。

朝食をとるようになったのは、コロナ禍で、満員電車の込み具合が緩和され、ストレスが減り、腹痛のリスクも減ったからです。自分をリラックス状態にいておくことが、口臭を減らす近道という事ですね。

歯間ブラシで口臭を消しましょう

人の口臭は、気が付いても指摘しづらいデリケートな問題ですね。
それもあり、自分の口臭を気にしている人は、多いのではないでしょうか。

イニオの評判と口コミ!

胃などの内臓の病気がもとで発生する口臭については、健康な体を取り戻すことが最優先されますが、
健康な人が日々実践できる口臭を消す方法としては、歯間ブラシの使用が大きな効果をもたらします。
口臭は、虫歯がある人だけからする悪臭というイメージが多いかもしれませんが、これは誤った認識です。

虫歯が1本もない人でも、歯磨きの仕方が丁寧でなかったり、特に昼食後の歯磨きの習慣が徹底されていないなどの場合は、
本人が気づかない場合でも、口臭がしているケースが多いものです。
歯間ブラシを使用して、歯磨きでは落としきれない磨き残しを除去することで口臭を激減させることが重要です。
日本では歯間ブラシは、いまだ、毎日使用する道具として浸透していません。

けれども、特に大人は、歯の表面よりも歯と歯の間が虫歯になることが多く、その原因は、おそらくほとんどの人の悩みである歯並びの悪さと共に、
歯ブラシのみでは汚れが完全には取り切れないからなのです。
歯間ブラシは夜の歯ブラシをする前に、歯茎を傷つけない様に丁寧に使用します。
この毎晩の歯間ブラシ習慣が、あなたから口臭の悩みを取り除いてくれるはずです。

口臭が気になるときの対策方法

誰もが気にして対策を講じている割にはなかなか解決せず、人間関係のトラブルの原因ともなりかねない口臭。
人と会う時念入りに口臭予防用の歯磨きで歯を念入りに磨いたり、ガムや口臭予防のキャンディなどをなめても、相手に不快なイメージを与えてしまうことがあります。
口臭の原因には歯周病などが絡んでいることもあるので、気になって対策を講じたからと言ってすぐに解決しないのも口臭の悪いところです。

http://www.richetta-manager.com/

口臭に悩んでいる私も実はいろいろな方法を試しました。
人と会う時は歯磨きを念入りに行い、そのあとコーヒーや紅茶など香りのいい飲み物を飲むと、きれいになった口腔内にコーヒーのにおいが漂ってしばらくの間は口臭を気にしないでいられます。
また、話をする直前にガムやキャンディなどで口の中のにおいをごまかすのも短時間であれば有効な方法ですね。

しかし、歯磨きやガム、においの強い食べ物や飲み物で口臭をごまかすのはその場しのぎの対処療法にすぎません。
根本から口臭を改善したいのであれば、まずは口臭を誘発させるような耳鼻科や歯科系統の病気がないかきちんと調べてみましょう。ある場合にはその病気を治療することで口臭は改善していきます。
時間はかかりますが一時的な対処方法より効果的なのでぜひ口臭の根源を絶つことをおすすめします。